怖いほど当たる四柱推命で運勢、性格、相性、結婚、恋愛占いの有料鑑定を実施。無料診断、無料占いもあり、実例診断も多数掲載中。

Menu ▼
芸能人・タレントなどの実例診断・実例鑑定
開運の心得
こんな男と結婚してはダメ
こんな女と結婚してはダメ
こんな姑と同居してはダメ
こんな上司に仕えてはダメ
 
 関連姉妹サイト
四柱推命学による有料鑑定
四柱推命学による無料占い、無料鑑定
ソフトを活用した四柱推命学のネット講座
四柱推命学の無料公開講座
芸能人・タレントなどの実例診断・実例鑑定
開運の心得
こんな男と結婚してはダメ
こんな女と結婚してはダメ
こんな姑と同居してはダメ
こんな上司に仕えてはダメ
 
 関連姉妹サイト
四柱推命学による有料鑑定
四柱推命学による無料占い、無料鑑定
ソフトを活用した四柱推命学のネット講座
四柱推命学の無料公開講座

論文疑惑のある小保方晴子さんの診断(2014.3.27 鑑定)


2014年1月28日、「外からの刺激で体細胞を初期化することにより、全ての生体組織と胎盤組織に分化できる多能性を持った細胞(STAP細胞)を作製する方法を世界で初めて確立した」と発表した。

だが、論文疑惑が生じたため、撤回するハメに。

★いずれにしましても、専門的なことはさっぱり分かりませんが、相当疑義のある論文みたいですね。

★それでは、小保方さんが、これほどまでに世界を騒がすような人物であるのかどうか、あるいはそういう疑いをもたれるような人物であるのかどうかを、検証してみましょう。




小保方晴子さん(1983年6月29日生)

 
 
 


 






 





 





  






 



 


 






 
   
刃 
     
   
     

【命式の分析】

1 日干のエネルギーはやや弱いです。

・通変星では、月支に印綬、月上に比肩があって、ちょうどよい強さであるのですが、不幸にも月支が空亡しているため、「やや弱」程度となっています。

・五行では、日干の五行は土であり、その土が2個あって普通程度です。

・十二運では月支が空亡しているため、やや弱いです。

・月令は当権で強いです。

2 用神は月支の印綬となりますが、周囲の財星3個から剋されて相当弱っています。

3 刑冲会合は、日支と月支が子午の七冲しており、そのうえ、月支が空亡ですので、ダブル破格の状態です。

■ 1〜3までの総合評価では、日干がやや弱く、格である印綬は相当弱いと判断できます。
命式の状態から言えば、月支が空亡、月日が子午の七冲、そのうえ、月支の印綬が3個の財星からやっつけられていますので、三重破格となっていおり、最悪の命です。




■ 本質はどうか。

本命の場合、財星太過して印綬が激しく剋されていますため、印綬の特質である方正堅実さ、誠実几帳面さ、思慮深さというような良い面が影を潜め、精神が安定しにくく、身勝手で感情的、衝動的となったり、極端なばあいには、精神や神経を病んで精神障害を起こすようなことも考えられないこともありません。


また、何かに対して一生懸命やるところはありましても、要領が悪くなかなか物ごとが進展しなかったり、あるいは、理想と現実のギャップで被害妄想に陥るようなこともあります。

さらに人に対する依頼心は強いものがありましても、人の助けを借りることが苦手で偏屈で孤立しやすいです。

財も多いため、物質や金銭に対する執着が強くても、逆にそれらの財を自分のものとして自由に使ったり、元手に利用して殖やすということはむずかしく、思うような成果は得にくいです。

※ 日支と月支が冲または刑しており、その上、生月が空亡しています ため、粗雑、せっかちで、焦り迷いや精神不安があり、良い時と悪い 時の気分の振幅の差が大きいです。また心に空白を生じるようなばあ いがあり、人の話を聞いているようで聞いてなく、物ごとに対する集中 力も薄く、地に着いた考え方が苦手であります。



【重要ポイント】


お金に関しては、株などで大儲けした後、株の暴落でスッテンテンになってしまったことを「一夜大名、一夜乞食」などといわれますが、小保方さんも、ある意味では、一躍時の人となってもてはやされたのも束の間、1ヶ月も経たないうちに、論文の不正疑惑が発覚し、今では犯罪者のような状態に置かれてしまいましたね。

四柱推命学で考察しましても、月支の印綬に全ての原因があるように思えてなりません。

月支の印綬は名誉の星であり、また人気の星でありますが、この月支の印綬が三重破格のようになっているわけですから、当然、名誉や人気と言ったものも永続性がなく、一瞬で逃げ去ってしまう運勢であるといえるでしょう。


研究されていたことについては、私自身門外漢なので、まったく分かりようもありませんが、ただ、このような命式の人は、じっくりと腰をすえた研究や地道な実験はできないのではないかと思われます。

常に焦りや迷いがあることと、独断的で孤独の象があり、本当は、研究室でも浮いた存在ではなかったのかなあと想像されます。

月支印綬で、財星が多いと、印綬の徳は消え、頭はいいがその使い方が公明正大でなかったり、身勝手で感情的・衝動的になりやすく、とくに女性は、その傾向が顕著になります。

ですから、この人が上に立ってリーダーシップを取ることなど、とてもできないはずです。

もし、これだけの凶命式の人が、正々堂々と地道に研究を続け、それが評価されるのであれば、四柱推命学を勉強する価値などひとつもないと言っても過言ではないでしょう。

ただ、ひとつ考えられることは、「陰極まれは陽転する」と言われるように、凶命式も極まれば、ひとつの光が差し込み、ガムシャラに物事に打ち込んで、運勢の悪さを変えようとする本能的なものが目覚めたのかもしれません。

おそらく、小保方さんも、自分の本質や性格に問題があることを自分自身が一番知っていて、それを忘れるために研究に打ち込んだのではないかとも思われます。

そういうときには、世の中を驚かすような研究成果が生まれることは否定できませんが、それでも、順風満帆にことが運ぶことは考えにくいです。

いずれにしましても、早く身の潔白を証明して、再度、すばらしい研究結果が発表されますことを心からお祈り申し上げます。









生まれ年(干支)と生まれ月でわかる性格・運勢・相性占い
初めての妊娠・出産・育児のためのお役立ち情報
男心がわかる恋愛心理講座
生年月日でわかる運勢・性格・相性・方角占い
大人のための姓名判断
男と女の恋愛、結婚、デート、婚活の心理学
仕事のできる男と仕事のできない男との違い
九星気学による性格・運勢・相性占い
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
子どもの立派な育て方・しつけ方
恋愛学は陰陽の本質を知ればもっと楽しくなる
女性のための血液型診断・占い
おひとりさまの心構えと老後の対策
美しく早く痩せるダイエットのためのノウハウ集
女性としての気づかいとマナーでモテ力アップを目指せ!
心の裏をズバッと見抜くブラック心理学
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
一瞬で見抜く性格・本性・心理
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
モテる男と女の恋愛学
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
人相はあなたの心を映す鏡

Copyright (C)2015. 怖いほど当たる四柱推命の性格、相性、結婚、恋愛占い(実例診断多数掲載) All rights reserved.